2×4の家ってどんな家?−注文住宅編

2×4住宅の1つの絶対と5つの特長

2_4_b01.jpg 

click_04.gif

 

 ツーバイフォーに使われる樹種は、マツ科に属するスブルース、パイン、ファーなどの針葉樹。高い加工性、釘の利き、接着性、滑らかな繊維質を持っています。

 

 

■1つの絶対

2_4_b02.jpg 

click_04.gif

 

木の家であること。

●木は伐採後200〜300年間は、強度・剛性ともにじわじわ上昇。
●木は炎が近づくと表層部が炭化して火の進行をストップ。
●木の断熱性はコンクリートの10倍、鉄の約350倍。
●木は湿度に合わせて自ら水分を吸収・放出する自然のエアコン

 

 

■5つの特徴

2_4_b03.jpg 

click_04.gif

 

1:地震に強い。

使う部材・釘の本数・接合金物のとめ方などすべてが規格化されています。構造体は、壁・床・天井が一体となった「箱型構造」。6面で外力を吸収・分散するため、地震や台風時に変形しにくいのが特徴です。

 

2:火の手に強い。

木造なのに住宅信用公庫の「省令準耐火構造」に該当。天井・壁に不燃材料を採用し、火災を出火室内に閉じ込めます。

 

3:夏涼しく冬暖かい。

十分な断熱材と防湿シートの仕様などにより、高い断熱性を気密性を実現。

 

4:長持ちする。

地面から1m以内のすべての構造材料に防腐処理を施す基準が設けられています。外壁は室内の湿気を寄せ付けず、壁内結露を生じにくい構造になっています。

 

5:いつまでも愛せる。

いつまでも愛着心を失わせない優れたデザイン、柱のない広々とした大空間、吹き抜けや地下室などが自由につくれる。

click_04.gif詳しくはこちらから


理想の住まいを探そう >>

△ PageTop